ランヤードの説明と使用用途

ランヤードの説明と使用用途

ランヤードとは主に安全帯の一部として使用されるもので、強度の高いワイヤーの一方にリング、もう一方にフックが取り付けられた道具です。リングにはD環やB環と呼ばれる種類があり、安全帯として使用する場合はこのリングを安全帯のベルトに通すなどして固定、もう一方のフックは体重がじゅうぶんに支えられる吊元等に引っ掛けます。吊元等の引っ掛ける対象がフックより大きい場合、フックごと吊元等に回し、ワイヤーに引っ掛けて使用されることがあります。安全帯として使用される場合、ワイヤー部分は収納袋に収められます。これはワイヤーが障害物に引っ掛かることによる転倒や墜落を防ぐためです。安全帯は高所作業の命綱として使用されますが、実際に高所から転落し安全帯に体重がかかる場合、ワイヤーが張った瞬間に腰に全体重がかかるため転落し命の危機を脱しても最悪の場合は腰骨を折るなどの怪我を負う場合があります。このため、ランヤードのワイヤーはショックアブソーバとよばれる緩衝機能がある機器を併用して使用される場合があります。このショックアブソーバを使用するとワイヤーが張る直前にクッション機能が働き、瞬間的に荷重がかかることを防いでくれます。

トップページ