工事用ヘルメットの説明と使用用途

工事用ヘルメットの説明と使用用途

工事用ヘルメットとは主に強度のある樹脂でできた頭を防護するための保護具です。材質にはABSやポリカーボネートなどの種類、形状では俗に軽ヘルと呼ばれる作業性を重視した軽量のものや、屋外で陽射しを遮るためのひさしが付いたものなどがあり、現場作業では必須の保護具です。頭の大きさにより多少のサイズがありますが、通常は顎ヒモや後頭部の調節バンドで頭にフィッティングさせて着用します。ヘルメットに装着させるヘッドライトやペン置き、保護眼鏡なども市販されており、それらを使用することでより効率的に作業を進めることが出来ます。ヘルメットは樹脂製のものが多いため、特に屋外で使用する場合は紫外線等により劣化し強度が低下するため、定期的に表面にクラックがないか点検する、定期的に交換するなどの管理が必要です。また、一度の衝撃により内部が割れてしまい保護具としての機能を失っている場合があるので、そういった場合にも表面の状態をよく観察し異常がないかを確認する必要があります。会社等により色やデザインを決めていることが多く、複数の会社が混在して工事するような現場ではどこの会社所属かを一目で判別する目印の役目も果たしています。

トップページ