ラチェット(モンキーレンチ)の説明と使用用途

ラチェット(モンキーレンチ)の説明と使用用途

ラチェットとは自動戻し機能のあるボルト締結用工具です。この機能のないスパナを使用してボルトを締めつける場合ボルトの頭にスパナをかけ一周回す、もしくは一周回すスペースがない場合は回せる角度まで回し、一旦スパナをボルトの頭から外し再度かけて回すという動作を繰り返す必要があります。ラチェットは一方向が空転する構造になっており、これを使用した場合はスペースがない場合でもボルトを頭から外すことなく戻すことが出来るため連続的に作業を行うことが出来ます。ラチェットにはボルトの頭の種類、サイズに応じた口があらかじめ付いたものと、口が脱着式になっており俗にコマと呼ばれるソケットを取り付けるものがあります。あらかじめ口がついたものはボルトの種類、サイズに応じてラチェットを使い分ける必要がありますが、脱着式になっているものではラチェット自体はひとつあればよく、ボルトに応じてコマをつけかえて使用します。ボルトに伝達される力はラチェット等の柄の長さと加える力の乗算から決まるトルクですが、脱着式のラチェットを使用する場合は大きなコマを付けた場合はトルクが不足勝ちに、小さなコマを付けた場合はトルクが過大になり勝ちなので力の加減に注意が必要です。

トップページ