工具袋の説明と使用用途

工具袋の説明と使用用途

工具袋とはその名の通り工具を入れる袋です。形状は用途によりさまざまですが、一般的にはハンドバック形状をしているものが多いです。大径の配管工事や足場組立等の大型工具を多用する場合は厚手のもの、弱電工事や精密機械工事等の比較的小型工具が多い場合は薄手でポケットの多いものが好まれます。工具の中には高価なものが含まれることがあり、紛失、盗難の恐れがあるため鍵付きの工具袋も市販されています。また、ニッパーやドライバーなど先端が尖った工具をそのまま入れておくと生地を傷めてしまうため、そういった工具を収納する場合は尖った部分に養生カバーを取り付けて収納します。運搬用に使用する場合はリュックタイプのものが好まれます。リュックタイプでは両手が空くというメリットがありますが、背負ったリュックをいったん降ろして工具を取り出す必要があり、工具が取り出しにくいというデメリットがあります。ガムテープやシールテープ等のテープ類を束ねるヒモが付いたもの、圧着ソケットや小型ビスなどをサイズ分けして収納しておく小ポケットが複数ついたものなど多機能なものもあり、工事、使用する工具によって工具袋を使い分けると作業がより効率的に行えます。

トップページ